• 久実kumi

オステオパシー誇張法

私は自分を

「​オステオパシー誇張法療法家」

と名乗っている。


「オステオパシー」という名前を聞いたことがある方はみえるけれど、

「誇張法」が付いた「オステオパシー誇張法」を聞かれたことがある方はみえない。



そして、私のところにおいでくださるお客様も

「久実さんのオステオパシーは…」

と「誇張法」を省略して「オステオパシー」のみで話される方もみえる。



どういう言い方をされるか…


お客様の言葉には拘らない。



でも、自分が話すときには


「オステオパシー誇張法」

もしくは

「誇張法」


と話す。



なんで自分自身については、そのような表現に拘っているのだろう。


そんなことを暫く前に考えていた。





そうしたところ、菅先生(私のオステオパシー誇張法と美容矯正の先生)がBlogで次のような表現をされていた。



***以下、抜粋***

アメリカのオステオパシーは素晴らしいと思う。


でも、齋藤先生の誇張法は、凄いんだ!


誇張法は、オステオパシーのなかの1つの技術ではなく、似て非なるもの。

だと思っている。


オステオパシーの理屈で誇張法を説明することは無理だと思う。

*********




成る程!!

と思った。


でも、さらにそのBlogの最後に


*********

本当は、名前なんかどうでも良い!


苦しんでいる方が楽になるならばね。

*********


とあった。



ギャフン。


確かにその通り。


名前に拘る前に、腕に拘らねば…

22回の閲覧0件のコメント