• 久実kumi

セラピストとしての学び

更新日:2019年6月23日

オステオパシー誇張法療法家

ボディメイクセラピスト


と自分の仕事を名乗っています。


同じような手技療法を仕事をしている人でも名乗り方は色々とあるようで、

私もプロになる前にどのように名乗ろうか、

開業届の職業欄に何と書こうか、

暫し悩み、

何となく心落ち着く、この表現に落ち着きました。



そして、逆に

「セラピスト」

と名乗っている方は、色々なツールを使って人を癒しています。



オステオパシー誇張法の私の先生はエネルギー、神裡をとても大切にされています。


オステオパシー誇張法、それ自体は物理的に弱い圧で動かし緩めるもので、

エネルギーを使うということを先生からは先生からは教えられたりはしていないのですが、

人の身体を癒すのにエネルギーのコトは無視できないのだろうなぁ…なんて考えています。


しかしながら、エネルギーやスピリチュアルは捉えにくい。


そんな中、この捉えにくいスピリチュアルについて、

何となくでも感覚を磨きたい、

知識を得たいと思い、

スピリチュアル分野を得意とするセラピストとしてファンも多い

杏さんが主催する勉強会にこの週末参加してきました。



何故か場所は沖縄。

沖縄でやる必然性について、

スピリチュアル的な観点からすると「今、当に沖縄」とのこと。




わかったような、わからないような。


沖縄観光らしいことは全くなく、霊的、エネルギー的な事についての座学と現場廻り。


この学び…

言葉で表現するのは困難ですが、長い目で見て、

私の施術を受けにおいでくださる方のお役に立てる、かもしれません。

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

おみやげ