• 久実kumi

メタトロン&オステオパシー誇張法コラボセッション3回目

6月9日、我が家“Casa de Salud”での


メタトロン&オステオパシー誇張法コラボセッション


三か月ぶりにチコちゃん(あかいし ちこ)が来てくださった。



チコちゃんと私で同時におひとりの方にセッションを行う

みっちりとした1時間





今回もお客様方が濃い方々で…





お顔を出してOKな方からNGの方まで


チコちゃんがかなり緊張したシーンなどもありました




皆さま、それぞれご自分の分野と絡めたりしながら

自身の現状をチェックされていました


私はメタトロン計測をしている15分間以外の時間

背後からオステオパシー誇張法の脊柱施術


その間もチコちゃんのアドバイスやメタセラピーは続くのです



そして私自身の状況もメタトロンでチェック


私はチコちゃんが来てくれるたびに交換セッションをしておりまして、

昨年10月、12月そして、今年の3月と昨日(6月)と4回目のチコちゃんのメタトロン


同じ機械で計測すると履歴が残ります


12月、お疲れモードでした

その12月と今回の比較を参考までに3つ出します



比較写真

1枚目チャクラ

2枚目膵臓

3枚目子宮 

全て

上:2020年12月9日

下:2021年6月9日







■や▲、六角形(遠くから見たら●に見えるかも)で表される点々

これは

六角形(●)→▲→▼→◆→■

の順に

良い→悪い



そして、色がベッタリとついてるのは細胞の炎症箇所

炎症は

橙→赤→水→青→紫→黒

の順に

良い→悪い



この6ヶ月でチャクラは第7、第2が良くなり、第4がちょっと落ちた

全体的には上がっている感じ



12月

自分的に一番ショックだったのは膵臓の黒色部分


この炎症…

細胞の破壊→再生のサイクルが上手くいっていない部分を波動で診るというもの

未病状態を診る感じ


消化器系は細胞がどんどんと生まれ変わると聞いているのだけれど

どれくらいの変化ができるのか…と自分ながらにちょっとは不安

だって黒だったんですもの



食べ物などをより氣を付けて、日々の規則正しい生活を大切にする

お風呂や呼吸、睡眠など


ちなみにどの食べ物が体質的に合うか、などもこのメタトロンはチェックしてくれる

そうしたことを参考にはする

でも、とらわれ過ぎないのも大切



そして、身体の波動が

「こうあると良い」

というサイクルに戻るように、調整の波動かけられるのもメタトロンの機能

メタセラピーという


チコちゃんの我が家“Casa de Salud”でのメタトロンセッションでは

なるべくメタセラピー時間を多めにとるようにしている


私はこのメタセラピーを12月の写真から6月の写真の間に2回受けていることになる

細胞の生まれ変わりが促進されるように

突っついてくれるイメージ


そして、膵臓は黒が赤に変化

良くなってきている

ホッ



子宮は一方、一進一退

良くなっている箇所とそうでもない箇所も



でも一喜一憂しすぎないことも大事



本当に面白い機械である



チコちゃんとのこのコラボセッション

当面の間、おやすみになる


理由は

チコちゃんが自分のサロンを新たに関西方面で立ち上げる予定があり

その準備などで忙しくなるため


落ち着いたら、また我が家“Casa de Salud”においでくださる、と約束

多分、年内には1回できると思う

そんな感じでお話ししました


そして、関西で立ち上げるチコちゃんのサロンに私も呼んでくださると


何だか今後のことが

とっても楽しみです

44回の閲覧0件のコメント