• 久実kumi

昨年末、『星読み』のYumiさんに2020年の年間カードリーディングをしてもらった。


10月のカードは

Launching Your Journey

あなたの旅へ出る




Yumiさんはそのカードを解釈してくれる



キーワードは「旅」

旅行だけでなく

仕事としての出張

自分の内側への旅

心や技術の探求

内容の濃い旅の印象がある


どの旅だとしても準備として

自分の現状、自分が何処に行きたいのかを明確にするのが大切





カードを読んでもらった当初は仕事で海外でも行くのかなあ…

なんて思ったりしていた。



新型コロナ騒動が発生し、海外っていう感じでもなくなったが、

今までにない繋がりなどができて、その関連で動くことが多くなった。





結果、2020年10月は肉体的にも心理面でも『旅』が多い月となった。


野沢 夫の両親の故郷へ(これは9月末)

伊豆 内海聡医師の根本療法を学ぶ集中合宿

岐阜 養蜂家に日本蜜蜂の巣箱を譲っていただく

大阪 内海聡医師の塾(東洋医療、占いの活用など)

香川 祖母の葬儀

淡路 香川からの帰りに立ち寄る

野沢 今後の活動の打ち合わせなど


肉体的にはこのような動きとなった。



そして、肉体の旅は心の旅に繋がる。



発信について学ぶ場DiscoverMeのpremiumグループコンサルで

枕詞を考えることを自分に課したのだが思わぬ方向へ。

一度作った枕詞を次のグルコンでは再考する流れに。

しかも、その後のブランドデザイナー阿部氏のアドバイスなどで

枕詞を再考する前に自分史を纏めることとなった。

今後は500以上の項目にわたり、自分を掘り下げることになっていく。



根本療法を学ぶ集中合宿では、精神分析を学び、自分の「闇」を掘り下げることに。

自分が何を乗り越え

何に引っ掛かってきたのか

そんなことを考えさせられた。

この精神分析は今後、お客様などの要望に応えて行っていくなど

深めていくことになる氣がしている。

既にオーダーもおひとりいただいた。




そして極めつけは祖母の死。

4人の祖父母の最後の一人。

名古屋・香川の往復、葬儀…色々と感じた。





私は祖母の住む讃岐に母が里帰りをした時に生まれた。

だから祖母の住む讃岐は生まれ故郷。

幼い頃は夏休みの40日間を殆ど讃岐で。

大きくなってからも

大人になり仕事を始めた後も

祖母の生きている間は、少なくとも年に2回は訪れていた。

最近は祖母の元気が失われていく中で、逆に行くことが多くなっていた。

今後は讃岐に訪れることは少なくなるであろう。




そうした物理的な側面以外にも、

自分を守ってくれていた人たちが

徐々に彼方に逝く。

彼らの死が自分のこの先の生き方、そして逝き方を考えさせてくれる。


自分の大切な人の死に立ち会うことは

自分の死への準備でもある。







10月末までもう少し時間がある。


残りの旅はどんなものなのだろうか。

疲れつつも

楽しみなのである。




写真は上から

祖母の訃報を知り、素早く準備をして家族を乗せた車を運転する私

通夜後の葬儀場での仮眠の後、葬儀場を出たところで見た朝日

死後直後の祖母

帰りに淡路島で見た夕日



人が生きても

死んでも

地球は廻り続ける


そんなことを感じる旅でもあった。

そして私も死ぬまで日常を送る。

63回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

おみやげ

死・別れ