• 久実kumi

複数の仕事を持つ

更新日:3月26日

野沢温泉村で滞在させていただいている民宿・梅之屋さん


そこは2代目60代前後、3代目20代

二世代4人で切り盛りしている


夜には宿泊客やその友人に向けたBarが開かれる



私はそんなBarで滞在期間中は背骨の施術をしている

お酒と施術のコンビネーションを楽しまれた方も何人もみえる


飲みながらお喋りしながら

Barでの施術を楽しんでいるが

梅之屋の2代目、3代目夫婦から色々と興味深い話を聞くことがある



3代目は沖縄のホテルで修業をし

バーテンの勉強もしてきたことのある方

彼のアイディアで梅之屋の夜のBarは開かれている


3代目の趣味は珍しいお酒を集めること

その集めたお酒をリーズナブルな価格で宿泊客に

お洒落に提供

趣味と実益を兼ねたBar

お酒の種類も豊富で

そのお酒にまつわる話も興味深い


お酒の話以外にも3代目の話がなかなか面白かったのでここに紹介



90年前後のバブル期には野沢温泉村も好景気で

梅之屋のある新田地区だけで80件近くの民宿があったとのこと

現在はその半分の40件ほどしか民宿はない

しかも跡取りがいる民宿は殆どなく

20代の3代目がいる梅之屋は珍しい


しかしながら

海外へ流れる旅行客、コロナ禍など

民宿業界の辛い時期は続いていて

梅之屋の宿泊業だけで

家族の生活や楽しみをカバーするのは

なかなか厳しいご時世でもある




趣味と実益を兼ねたBarの展開も

梅之屋の価値を上げるための試み



しかしながらそうした梅之屋の取り組み以外でも

20代の働き盛り・動き盛りの

3代目の助けを求める親族なども多いみたいで


暇がある時には

アスパラガスなどの農家

畳屋

を手伝いに行って稼いでいる



畳屋についても後継者がいないらしく

20代男性の3代目は親族として

一定の腕前になったら屋号を継ぐことも期待されている


後継ぎとして親戚に望まれているのだが

フルタイムの仕事ではなく

畳の張替えのオーダーが入ったら仕事が発生する


その際には民宿の宿泊予約を勘案してスケジュール調整をするそう


師匠に当たる畳職人の親戚さんは

もうすぐ80歳になる方


まだまだ現役で綺麗に畳を張り替えるが

運ぶのが一人ではしんどくなっている中で

後を継いでくれる可能性のある人に

お手伝いをして欲しかったとのこと




他にも現役の20代~60代くらいの方が

複数の仕事をしているケースは多い模様


一人が複数の仕事を持つ

それが当たり前になっているっぽい

野沢温泉村の自営業事情



私はとりあえず施術しかしていないけれど

もっともっと長く野沢温泉村に滞在して

施術のオーダーがそこまで多くなければ

何か必要とされることをお手伝いしてお金を得るのも

その土地に根付く良い方法なのかもしれない

なんて思ったりした


名古屋で給料をもらう仕事をしているだけでは

そうした生計の立て方に氣付きもしなかっただろう



そんな人間模様や人生経験も色々と聴ける梅之屋Bar

アナタもいかがですか

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示