• 久実kumi

顔の下半分の歪みの解消

五グラムの圧であなたを痛みや苦しみから自由にするオステオパシー誇張法🤲療法家の久実です。





15年来の友人関係にあるI様

小顔でリス🐿のような可愛らしい雰囲気の方



今年2月

ギックリ腰で、初めて施術。

安心できる状態までギックリ腰が解消するのに3回の施術。


かなり良くなり、その後も10月まで1か月に1回程度、受けに来てくださっている。

施術時に頭蓋調整もさせていただくのだが、

顔の下半分(鼻より下、顎先まで)が左側に寄っていることに氣が付いた。

それもかなり大きく。


普段会う時にも、何となく以前とは顔の雰囲氣が違うことに氣が付いていた。

けれども、これだけ大きく顔が歪んでいる状態になっていることは、

施術で頭上方向から足元までを見ることで初めて分かった。


I様もご自宅で鏡を見て、氣付いていたとのこと。




【顔の歪みの原因(私の見立て)】

I様は背骨に側弯状態の場所もある。

その側弯状態のバランスを全体でとるために端っこの顔が歪んでしまった。

側弯が酷くなるのは、背骨の関節の動きが悪くなっているから。







施術をさせていただくと、腰痛は良くなり、側弯が少し緩和

でも、1か月も経過すると痛みが戻ってくる。


1か月に1回程度の施術では時間的に頭蓋はジックリと触れることができない。

脊柱は弛み、側弯も緩和するが

少しずつ、お顔の歪みが進んでいる感じもしていた。



I様も氣になっているようだった。



そこで、I様に提案をさせていただいた。


提案内容は

・11月頭から年内いっぱい、毎週1回の施術

・腰(脊柱)の痛みの戻りは少なくなるはずなので、脊柱の施術を少し短くできる。その分、頭蓋を長めに施術


I様も前向きに了承。


早速、この提案の1回目の施術をさせていただいた。


前回の施術から、たまたま二週間以内だったので、背骨の関節の制限もそれほど酷くない。

そのため、頭蓋を今までよりはシッカリと施術できた。





I様からは

『頭蓋骨が凄く動いたのを感じた』

と。


私も自分の親指の下で蝶形骨や側頭骨が動くのを感じましたよ。


チャレンジ1回目でかなり顎のライン、緩和しました。


来週以降も週一ペースでどれだけ変化できるかとても楽しみです✨✨

I様に喜んでいただけるよう、精一杯、施術させていただき、

また、年末か年始に良い報告をしますね🤲



写真について…

テーブルの写真はお客様の到着前の部屋

机の上にマミタソさんからいただいたお花で生きているのを夫が活けなおしてくれたのが文鳥の花瓶に🌸


他の2枚の写真はI様ではありません。頭蓋調整のイメージです。

47回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

おみやげ