• 久実kumi

今後やりたいこと3

8月5日のBlogに書いた今後やりたいこと。



その中の、ひとつめのやりたいこと…



病や痛みのある方たちと一緒に温泉旅行に行って、旅館滞在中にオステオパシー誇張法をする。


旅行代はそれぞれもちで、オステオパシー誇張法のお代金をいただく。


イメージとしては湯治。



かなり親しい方限定になると思いますが、私と一緒に温泉への湯治旅行に行ってみたい方。

そこまで遠いところでなければ、大丈夫。


宜しければ、私が車も出しますよ。



例えば、施術を受けたい方が一人でも、複数人でも。

それほど、状態が悪くない方々三人くらいまでなら、時間を分けて、受けていただけると思います。


お友だちとご一緒に。

もしくは母娘で。



いずれにしましても、ご興味がありましたら、個別にお声掛けください。


細かいことは何も決めていませんので、お話ししながら、詳細を調整して決めていきましょう。







さて、このアイディアを思いついたのは、5月に夫の両親と旅行に行ったことがきっかけ。

ちょっと長くなりますが興味のある方は以下をお読みください。


義母は少し大きな病気を患っている。


肺癌


お客様の声の肺癌の方は実は義母。



昨年5月ごろ、

「秋には野沢温泉(夫の両親の故郷)に一緒に旅行に行こうね」

と話をしていたけれども、昨年7月にかなり悪い状態に。



その後、義母の生活改善の努力と私の施術もお手伝いできて、かなり良くなりました。



そして、遠くまでの旅行はまだ難しいかもしれないけれど、家族でのんびり・ゆっくりの旅行を計画。


予約は年明けくらいにしていたけれども、新型コロナ騒動でどうしようかな、とちょっと悩みながらも、全国的な患者数や重症者数の推移を見ながら、行ってきました。


蒲郡クラッシックホテルへ2020年5月後半。




しかしながら、病気療養中の義母。


散策などは少なめに。


昭和天皇も宿泊されたという部屋でのんびりと家族でくつろぎ、会話やカードゲームなどをしながら、私は義母の脊柱に施術をし続けました。


2日間で多分、8時間ほど。


こんなに連続で同じ方への施術は2019年3月の祖母以来




義母は


「すごく楽になった」


と言ってくれました。




その後の検査で、肺癌も徐々に小さくなっているとのこと。


義母の調子もより良く、動くのも楽になってきている。


今年9月には、昨年、行くことを諦めた野沢に再度、チャレンジしたいと考えているところ。


無理はしすぎず…。


また、長時間施術ができることが、私も楽しみ。




この経験を元に、考え付いたのがこのやりたいこと。

湯治型のオステオパシー誇張法施術。


ご興味がありましたら、お声掛けくださいね。

私もどんな方との旅で、どんな感じで施術させていただけるのか、とても楽しみなのです。

57回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

おみやげ